ecサイト運営者にアドバイス!数字から見たecサイト運営術とは?

奇数と偶数を扱うテクニックとは

数字には、奇数と偶数がありますよね。奇数は、割り切れない数字として、不安定的な要素を持ち合わせていると言われています。偶数は、割り切れる数字として安定的な数字と言われています。奇数は、消化しれない欲求を抱えやすくなり、偶数は、消化しやすい欲求を抱えやすくなりますよ。商品画像や、項目数を扱う場合は、奇数を扱う事が望ましいと言われているのです。消化しれない欲求は、利用へのアクションとしてのエネルギーを生み出してくれるかもしれないためですよ。ただし、値段に対しては偶数が望ましく、偶数の方が割り切れる事で計算しやすい特徴を持ち合わせているためです。

よく見かける2980円の力とは

2980円の事を、に、きゅう、ぱと呼ばれる事があります。3000円に近いのであれば、計算しやすい3000円にした方が望ましいと考えてしまう人もいるかもしれません。人の心理の中は、いざと言う時に何かしら残しておきたい欲求を持ち合わせている事があります。たとえ、3000円から20円であろうとも、残す事が出来る欲求を満たす事が出来ますよね。千年単位に対して、お釣りの有無が人の心理に大きく影響を与える事もあるのです。ecサイトの運営において、複数の商品の購入をターゲットに入れている場合は、合計金額に対しても意識を配る事が大切ですよね。

8:2のパレートの法則とは

あらゆる出来事の多くは、8:2の法則によって成り立っていると分析を行ったイタリアの経済学者がいます。ビジネスにおいては、売上の8割は、ブランド力のある銘柄による内容だと分析しているのです。ecサイトで扱う商品に対して、全て力を注ぐと時間と費用が分散されてしまいますよね。ecサイトの存続とは、ブランド力の有無が最も大きく関わって来る事もありますよ。8割程度は、他社と差別化出来る様な商品に力を注ぎ込む事が望ましく、残りの共通的な二割にも目を配る事が大切です。

ecサイトとは、簡単に言うとネットを使った販売サイトです。販売サイトですから当然、物やサービスを売買することになります。なので、ecサイト構築には、買い物の「安全性」や「利便性」が重視されます。

You may also like...