トロフィーを貰う時、自分の力が証明されたと認識出来る。

トロフィーは記念品なのか、思い出となるのか。

トロフィーとなると競争した結果、勝利して得られた記念品というイメージが強い様に感じます。銅トロフィー、銀トロフィー、金トロフィーなど三つに別々にわかれる様ですが、名誉ある会長や業績を残した者へもトロフィーは贈られるそうです。象徴的な記念品は思い出にもなりますから、場合によっては一生物にもなりますから、貰って損はありません。最近ではクラブの集まりで、何かの形でトロフィーを送る場合があります。記念品に留めるか、記念品かつ思い出にするかは、本人次第でしょうね。

努力して得たトロフィーは思い出になる。

努力して得たトロフィーは思い出になります。まだ少年でも、柔道の大会に優勝して手に入れたトロフィーは、一生物になるのかもしれませんね。大人になってから得たトロフィーと、未成年の内に手に入れたトロフィーとでは、感情移入の度合いが異なるのも、心理的に見てみれば明らかとなります。誰しも男性ならば栄光や名誉には、憧れる事でしょうから、トロフィーといった記念品を受け取り、嫌がるものはそうそういないのでしょう。

金属性で重みあるトロフィーは安さを感じない。

トロフィーに使われる原料にもたくさんな材質があります。プラスチック、ニッケル、銀、凄いものでは純金ですが、大体のトロフィーはニッケルやアルミなどの原価が高くはない金属を用いて作成される様ですね。貰えるならば純金の記念品ですが、そういった記念品を贈与する集まり、クラブは並大抵の集まりではないでしょう。しかし銀100%のトロフィーは金よりも明らかに安いですから、シルバーの記念品を用意する事は難解ではないでしょう。

トロフィーは、主にスポーツなどの大会の優勝者に渡される品々の総称です。歴史を辿ると、戦場で手に入れた「戦利品」がその由来とされています。すなわち、勝者を讃える儀式的な意味合いが含まれているのです。

You may also like...