誹謗中傷は誰でも被害に遭う可能性があります!

落ち着いて冷静に判断しよう!

ネットを見ていたら、自分のことが書かれていると気づく人もいます。ネットで匿名の書き込みが出来るので、怪しい人物がいたとしても誰なのかよくわかりません。名指しで悪く書かれていたら、誰でも傷つきますよね。しかし、まずは冷静になり落ち着きましょう。自分は何も悪いことはしていないし、酷いことを匿名で書く人が悪いのです。慌てて取り乱したり、冷静な判断が出来ないと困ります。まずは書いた人が誰なのか考えてみましょう。

証拠は一つだけでなく色々な場所に保存!

自分の評価が下がるかもしれないし、恥ずかしいと感じてすぐに消去したくなる気持ちになります。しかし、一度落ち着いて判断することが大事です。証拠を消してしまう前に、自分のパソコンに保存しましょう。文章や写真など誰が見てもわかるように、コピーして保存するのです。一つの場所に保存しても証拠がなくなることもありますので、色々な場所に保存しましょう。家族にも協力してもらうと良いかもしれません。一人で問題を抱えないようにした方が良いです。

弁護士に相談しましょう

匿名で書いている人が誰なのかわかっている時には、本人に注意しましょう。それでも悪口を書き込んだり、嫌なことをやめない態度なら、弁護士に相談すると言うと良いです。相手は匿名で書いても何も起きないと考えているから、卑怯な手を使います。そんな時には、証拠も保存しているので被害に遭った方が強い立場となります。証拠を持っているので、いつでも法的手段で訴えることを知らせておきましょう。匿名でも、発信者はわかります。

誹謗中傷対策として大変有効なのが、専門家に依頼をするというものです。ウェブ上の風評被害や誹謗中傷は企業や商んイメージダウンになるため、早期に対策を取らなければなりません。

You may also like...